パイプライン

BP1212

  1. TIM-3とCD39を同時阻害する新規腫瘍免疫活性化抗体

CD39は、腫瘍免疫を活性化する細胞外アデノシン三リン酸(eATP)を分解してアデノシンを産生し、腫瘍微小環境(TME)を免疫抑制状態に陥れます。

TIM-3は、PD-1分子と同様に活性化T細胞と樹状細胞に発現し腫瘍局所でのT細胞の疲弊と抑制を増進します。

CD39とTIM-3は、腫瘍細胞殺傷を担う活性化T細胞と抗原提示細胞に同時に発現して抗腫瘍免疫を抑制する分子群です。BP1212はこれらの免疫抑制機構をブロックして強い抗腫瘍効果を誘導します。

図1
図2

腫瘍内には抗腫瘍免疫を抑制するメカニズムが複数存在し、T細胞の腫瘍細胞殺傷力が減弱されています。そこで、当社はeATP代謝に関わるCD39酵素を阻害して腫瘍微小環境を改善し抗腫瘍免疫を亢進させる作用と、抑制系免疫チェックポイントTIM-3を阻害する作用を併せ持つことで、高い抗腫瘍効果を発揮する新規の二重特異性抗体BP1212を開発しました。

腫瘍細胞が殺傷されるとATPを放出して抗腫瘍免疫をさらに促進します。しかし、CD39がそのATPを分解すると、抗腫瘍免疫の促進が無効化されることが示されています。

一方、TIM-3は自然免疫および獲得免疫応答を調節するチェックポイント分子で、腫瘍浸潤T細胞に強く発現して抑制性に働きます。TIM-3はT細胞以外にも樹状細胞でも発現し、インフラマソームの活性を調節することで抗腫瘍免疫を負に制御しています。

BP1212は、CD39とTIM-3を同時に阻害することで抗腫瘍免疫細胞の活性を特異的に高めて、抗腫瘍免疫を亢進するがん治療用ヒト型抗体です。

閉じる