パイプライン

BP1200

  1. CD73を標的とする新規腫瘍環境改善・免疫活性化抗体

CD73は、腫瘍内でT細胞の疲弊と抑制を引き起こし、抗腫瘍免疫活性を低下させるアデノシンの産生に関わる

CD73は多くの腫瘍で高発現し、予後不良を引き起こす

ダミー

BP1200は、腫瘍内のアデノシン一リン酸(AMP)を加水分解してアデノシンを産生するCD73酵素を阻害し、アデノシン産生を抑制することによって抗腫瘍免疫を亢進させる新規の腫瘍免疫制御抗体です。アデノシンは、正常な生体内では抗炎症性の生理活性物質として働きますが、腫瘍微小環境では抗腫瘍免疫の抑制因子として振る舞い、腫瘍に浸潤したT細胞の増殖や細胞傷害活性を抑制して抗腫瘍活性を低下させます。また、腫瘍内の樹状細胞とNK細胞の抗腫瘍活性を低下させ、抑制性免疫細胞である制御性T細胞と抑制性マクロファージの活性も上昇させます。がん細胞は増殖に伴って免疫システムを回避するメカニズムを獲得しますが、抗炎症因子であるアデノシンを産生することが、その一つになっています。実際に、CD73は多くのがんとT細胞で高発現しており、予後不良を引き起こすことが知られています。

BP1200は当社が開発した、CD73を阻害するがん治療用ヒト型抗体です。CD73に高い特異性と結合親和性を有し、CD73の酵素活性を阻害すると同時に、細胞表面のCD73分子の細胞内移行(エンドサイトーシス)を誘導して細胞表面からCD73分子を消失させます。それにより、腫瘍微小環境内でのアデノシン産生を抑え免疫細胞に対する抑制作用を排除し、抗腫瘍活性を高めます。

A novel therapeutic antibody against CD73 that ameliorates the tumor microenvironment and improves the efficacy of cancer immunotherapy. ESMO 2021
VIEW POSTER

閉じる